電子書籍 第24弾 指導力を身につける方法~今の時代に最も求められているスキル~

電子書籍 第24弾 指導力を身につける方法~今の時代に最も求められているスキル~

電子書籍 第24弾 指導力を身につける方法~今の時代に最も求められているスキル~

安田 悌
2020-02-07 19:55:02
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

はじめに 

いつの時代でも「指導者」が求められているのですが、指導者は特別な人だけがなるのではなく、どんな人でも指導者になるべきなのです。なぜなら、人それぞれで得意なことがあり、才能があるので、得意なことや才能から価値を提供するのが、人としての本来あるべき姿であるということです。

「人を指導する」というと、重荷に感じる人もいますが、重荷ではなく、価値を提供するためには必要なことなのです。「理想の指導者像」ということは、よく謳われていますが、理想論やきれいごと、結論的なことだけを知っていても、指導者にはなれないのです。

結論的なことを言えば、指導者とは「努力する人」のことを言います。努力をして、模範になることができれば、誰でも指導者になることができるのです。結論はシンプルなことであるのですが、努力ができない人が多いので、指導者が少ないのです。

時代というのは、常に変化しているので、時代に合った指導者、あるいは時代に合わせられる指導者が求められているのですが、今の時代に合った指導者が不足しているのです。今は時代の変化が「早くて大きい」ので、非常に混乱しているような時代なので、指導者が求められているのですが、非常に不足しているのです。

ただ、いくら指導者が求められていたとしても、指導者として成長するためには時間がかかるのです。誰でも指導者になることはできるのですが、一朝一夕でなることはできないので、時代が求めていることと、現実の間には大きなギャップがあるのです。

このギャップを埋めるためには、まず「指導者としての自覚」なのです。指導者としてのセルフイメージがあれば、そのセルフイメージ通りの努力ができるのです。逆に努力をしている人は、セルフイメージが指導者になっているのです。このセルフイメージは、あなたが今どんな状況であったとしても持つことができるのです。セルフイメージというのは、今の環境や状況とは一切関係がないので、指導者としてのセルフイメージが持てるようにしてください。

本書は、「指導力を身につける方法」ということで、今の時代に最も求められているスキルを身につける方法をお伝えしていきます。指導ができるスキルを身につけることができれば、今後、どんなに時代が変化しても、一生涯使えるスキルになっていきます。時代が変化しても、人の本質は変わりません。求められているスキルも変わらないので、「指導力」を身につけることができれば、時代が変化しても、本質的なスキルとして活用することができるようになります。

2017年6月 安田 悌

目次

はじめに

第1章 指導力とはスキルである

・指導者としての自覚

・誰でも指導者になれる

・指導するスキルとは?

第2章 指導者が必要な理由

・指導は先進国の使命

・指導には地位は関係ない

・指導者とは生き方のことをいう

第3章 指導者が不足している原因

・指導者教育を受けていない

・寺子屋教育のモデル

・間違った指導者が多い原因

第4章 指導者教育の基本

・依存、自立、相互依存の成長過程

・指導者としての成長を目指す

・何のために自己啓発をしているのか?

第5章 時代の変化と指導の変化

・強みからの指導

・最善を尽くしているかを見る

・現実の中から指導者になる方法

・AI(人工知能)、IOTでは指導はできない

第6章 理想の指導者

・目標設定をさせてあげる

・方向を指し示す

・責任を取る

・奉仕をする

・行動ができるように導く

・指導者としての自信を身につける方法

おわりに


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

最新情報をチェックしよう!
>『コンビニ通販 zeroone』

『コンビニ通販 zeroone』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!
価値ある商品を紹介するウエブサイト!
『コンビニ通販 zeroone』はこちら!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG