不安を操作するスキル

不安を操作するスキル

不安を操作するスキル

赤堀和彦
2020-07-18 11:10:34
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

あなたはこのようなことで悩んでいませんか?


・いつも不安で、生きづらさを感じている


・「起こらないでほしい」と願っていることがある


・過去の失敗を今も引きずっている


・子供の将来のことを考えると心配で眠れない


・将来のことに対してなんの希望も持てない


・いつも嫌なことから逃げてきた


・子供が不登校、引きこもりである


・なかなか結婚できない


・うつになりやすい、自分に自信が持てない


・不安と心配で行動できない


・病気にならないか心配だ


・将来のことを考えると不安で夜も眠れない


など「不安」を抱えながら多くの人が生活しています。


アメリカの精神衛生所の研究では、2005年の統計によれば

一生のうちに一度でも不安症になったことがある人は、全人口の

28.8%で、実際に不安症を患っている人は18.1%というデータ

が出ています。


さらに、男性よりも女性の方が不安症になりやすいとも

言われています。


このように、不安症はとても身近な心の病気です。


このデーターから見ると4人に1人はかかる可能性が

あるということが言えます。


ところが、多くの人は自分が不安症だと気づかない

で「自分はおかしいのかな」「他の人は平気なのかな」

と思いながら生活されています。


お金・仕事・人間関係・健康・老後・子供・社会


私たちは常に色々な「不安」を抱えて生きています。


日本という恵まれた環境に生きているにも

関わらず、いつもネガティブな感情に心が

支配されています。


最終的にはそれらは「脳質」に影響しています。


例えば、病気になったら病院に行って薬を

処方してもらいますが、症状は一時的にそれで

よくなりますが、結局また元の状態に戻るという

ことを繰り返します。


つまり、対症療法であり根本療法ではないからです。


病気を根本から治すには、「体質」から改善していきます。


それと同じように、脳も同じです。


外部からの刺激や何かの出来事に不安になったり

焦って失敗するのは、脳質がそのようになって

いるためです。


結局は、マイナスに作用してうまくいきません。


「今まで何をやってもうまくいかなかった」


「いつも不安で心が支配されている」


「失敗やミスが続いて自信をなくしている」


人たちこそ、その「脳質」を改善することが

スタートになるのです。


残念ながら不安を消すことやなくすことはできません。


なぜなら、脳には「可塑性」がありあなたが繰り返した思考

によりさらに脳が強化されていくからです。


だから、不安をゼロにすることはできないのです。


一般的に成功者と呼ばれた人たちにも不安は

あります。


結局は、不安とどう上手に突き上げるのかが重要です。


彼らは、不安が起こるのは当たり前という前提で

それをプラスに変えているのです。


さらに彼らは不安を大きなエネルギーにしているのです。


このように不安を操作する技術を身につけることで、

不安を大きなエネルギーに変えることができるようになるのです。


そうすることで、ビジネスで結果を出せたり理想に人生を

送れるようになれるのです。


そこで、本レポートを活用して脳質を改善して不安を操作する技術

を身につけ、不安を大きなエネルギーに変えていただきたいと

思います。


もしあなたが今、

「不安でたまらない」「不安で行動できない」

「人の目を気にしすぎてしまう」なら


本レポートを手にとっていただきたいと思います。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

最新情報をチェックしよう!
>『コンビニ通販 zeroone』

『コンビニ通販 zeroone』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!
価値ある商品を紹介するウエブサイト!
『コンビニ通販 zeroone』はこちら!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG