マッチングアプリの教科書~非モテの僕に2か月で彼女ができた全行動~

マッチングアプリの教科書~非モテの僕に2か月で彼女ができた全行動~

マッチングアプリの教科書~非モテの僕に2か月で彼女ができた全行動~

オガケン
2020-12-02
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0


こんにちは、僕はオガケンという名前でTwitterで発信しているものです。


YouTubeで流れてくる怪しいCMみたいな題名になってしまいましたが、僕の実体験に基づいた誰にでも彼女ができる方法がこの記事には書いてあります。



僕はモテなくて損をしている人の力になれると確信をしたので、この記事を書きました。


なぜなら、僕は圧倒的に非モテであったのに、行動して2か月でモデル級の彼女ができたからです。


Twitterやnoteで恋愛術を発信している人たちには普通にイケメンである人たちも多く、僕はそれにあまり価値があると思えません。


圧倒的に非モテの状態から逆転をした僕の情報こそに価値があります。


僕の経験を少しお伝えします。



僕は高校時代に彼女はいませんでした。


部活と学校と家を行き来する生活で、色恋沙汰は全くありませんでした。


部活仲間の中でも恋人がいないやつはいっぱいいたので

「俺に彼女がいなくてもしょうがないか」

と自分に言い聞かせていたのを覚えています。


実際に僕はかっこいいわけでもなく、面白い話ができるわけでもなく、おしゃれなわけでもなく典型的な非モテ男子だったので、彼女をつくることを半ば諦めもしていました。


でも、クリスマスやバレンタインなどのイベントなどで街にいるカップルをうらやましく思わなかったと言えばウソになります。


イベントが来るたびに自分には彼女がいないことを突きつけられているようでした。


こうして僕の高校時代は部活と学校で埋め尽くされ、恋愛の「れ」の字も入る隙間もなく過ぎていきました。


そうこうしているうちに受験期に入り、周りの人も恋愛している暇もなくなって、自分のみじめさを突きつけられる機会も少なくなり、少し安心していました。


僕は「大学ではサークルとかもあるし、彼女できるだろう」という淡い期待を持ちながら勉強していました。


そして、無事に大学に合格。


京都という故郷より栄えた土地に来て、どんな大学生活になるんだろうというわくわくした気持ちになっていました。


「ここで彼女を作るんだ」という期待もまだ持っていました。


しかし、僕はやはり非モテ男子だったんです。


新歓で女子と話すチャンスがあったとしても、話す勇気がなくて女子を避け、いざ話すときになったとしてもおどおどが止まりませんでした。


それでも頑張ろうと何度も思いました。


でも、やはりだめだったんです。


「モテるやつは顔がいいから」とか「俺口下手だからなぁ」とか高校時代と同じように諦めようとしている自分がいました。


そして、何も行動を起こさずに時は過ぎ、大学内でもグループが固まってしまったので女子との関わり合いも少なくなり、当然のごとく彼女はできませんでした。


大学生活も一年間過ぎてしまい、20歳になった6月、僕は「20歳になっても彼女いねえんだな俺」と思っていました。


ちょうどそのときにTwitterでマッチングアプリの広告を見ました。


当時の僕はどのようなものかまったくわかっていなかったので、「なんだか怪しいよな」と思っていました。


でも、自分の中で「大学のときに彼女できなかったらいつできるんだ?」と不安に思っていたときだったので、思い切って登録してみました。


自分がモテるとは思っていなかったのであまり期待はしていなかったです。


でも、その登録から2か月後、僕には彼女ができていました。


もちろん登録するだけで彼女ができたということではありません。


登録して一念発起した僕はマインドやファッションなど全てのことをガラリと変えました。


これでダメだったら自分にはもう後がないと思って頑張りました。


そして、カップルをうらやましがっていたクリスマスやバレンタインなどのイベントには必ず彼女が隣にいる状態になれました。


今でもその彼女と付き合っています。


彼女がいるということは数か月して周りの人にバラしたのですが、マッチングアプリで出会ったというのは何か恥ずかしい気持ちがあり、「友達の紹介」ということにしていました。


でも、半年ほど経つと隠していることが面倒になり、彼女に了解をとってマッチングアプリで出会ったことを友達などにバラしました。


予想に反してまわりの反応は、普通なもので「そうなんだ」ぐらいでした。


中には、どんな風に使ったのか、どのアプリを使ったのかなどを聞いてくる人もいたぐらいです。



そんな人たちにはここに書いてあることを教えてあげていました。


すると、聞いた人でちゃんと実行した人は彼女ができ、感謝されるようにもなりました。



自分の経験が役に立ったことにすごく喜びを感じた瞬間でした。



今、これを読んでいるあなたにもここに書いてある方法を知って彼女ができるようになってほしいと僕は思っています。


このnoteには以下のようなことが書かれています。


恋愛をうまくいかせるためのマインド
なぜモテない人はマッチングアプリをするべきなのかを徹底解説
やらないと損するアプリ登録前の準備とテクニック
ネット検索するとでてくるマッチングアプリのテクニックの落とし穴
メッセージでやりがちなミスと絶対にやってはいけないこと
スムーズなデートの誘い方
会ったときにおしゃれだと思わせる服の選び方
話を上手にすすめる会話術
脈ありと脈なしの見分け方
出会い方から告白までの流れの完全解説


自分の経験談と行動する中で自分で勉強した心理学などを最上級に盛り込んだ内容です。


突然ですが、ここまで読んでくれた方は本当に素質があります。


ここまで読んでくれたということは、自分の可能性にあきらめておらず、何か変えようと行動しようとしているということです。


ほとんどの人はこの「行動しようとする意思」も持たずにのうのうと日々を過ごしている中、あなたは変わろうとしています。


そんな素質のあるあなたには、僕が使った方法を知って理想の未来を実現してほしいと思います。


値段ですが、僕の経験談から話せる唯一無二の内容なので100万円で売ったとしても問題ない内容だと本気で考えています。


しかし、これを買おうかと悩んでいる人の中には大学生などのお金があまりない人もいると思います。


なので、ちゃんと行動に移してくれる価格でお求めやすい価格にしようとした結果、このコンテンツは100円とすることにしました。


僕は真面目な恋愛をしたい方向けに手ごろな価格でノウハウを提供します。


僕は今までモテてこなかったけど、努力して真面目な恋を手に入れたいと思っている人の人生を好転させるためにこのnoteを書いています。


最近はナンパの方法などが多く、真面目な恋愛を支援するためのコンテンツは少ないです。


その中でもマッチングアプリに特化して、モテない人に寄り添った形で出会い方から告白の方法まで全て解説しているnoteは他にはありません


それだけここに書かれていることは希少な内容です。


真面目な恋愛の方法論が流行らないのは、その方法の再現性がわかりづらいからです。


ナンパなどは複数人と関係を持ち、再現性がわかりやすいので流行ります。


なので、この再現性の問題を解決するためにこのnoteは公開前に女性の方に読んで頂いてレビューをしてもらっています。


なので、女性の方から見ても納得の内容がこのnoteに書かれていることが保障されています。


レビューをご覧になりたい方はこちらから



ちゃんと納得して、自分で行動できると思った人は続きを読んでください


僕はこのnoteであなたがよりよい人生を歩めることを保障します


もちろん買うかどうかはあなたの自由です


1、マインド編

この編ではあなたの中での恋愛に関する考え方を変えます

考え方を変えるのは、知ってさえしまえば今すぐに変えられますし

なおかつ結果を出すために必要不可欠なことです

自分の中での恋愛に対する考え方を変えて、自分の人生までも変えてしまいましょう

心理学者ウィリアム・ジェイムズの有名な言葉にこのようなものがあります

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

あなたの運命を変えるためにはまず心を変える必要があるんです

これから恋愛を成就させるために必要な考え方について学んでいきましょう


①彼女ができる理由を自分の中で持とう

あなたは誰かに好きになってもらったことがありますか?

自分が好きでない人で構いませんし、実際に告られるまでいかなくてもかまいません

この経験がある人は相思相愛になれる可能性は非常に高いです

簡単な計算式はこちら

好きになられたことがある人数÷今まで出会った人数=好きになってもらえる確率
好きになってもらえる確率✖37億=全世界であなたを好きになってくれる人数

ちょっと計算してみてください

「自分はこんなに多くの人に好かれる存在なんだ」と自身がつくはずです


好きになられた経験がない人であっても、これからあなたを好きになってくれる人は必ず現れます

ある調査によると人生で好きになる人の総数は平均で8人であることがわかっています

単純に計算してこの世界には女性が37億人いるので、のべ296億人が誰かに好かれるということになります

296億人の中に入ればいいんです

当選者296億人のくじに当選するだけでいいわけですよ

もちろん、単純すぎる計算であることはわかっています

ですが、感じてほしいのは「彼女ができるというのはそんなに難しいことではない」ということです

僕は彼女がいないときに「自分なんかはどうせ好きになってくれる人なんていないんだろうなぁ」と思っていました

でも、ふと考えると女性というのは全世界に37億人もいるわけです

デブ専やB専と呼ばれる人もいるのわけで、人の好みは多種多様です

誰かが好きになってくれないわけないですし、好きになってくれる人の中で自分が一人も好きになれないなんて可能性はあり得ないです

では、なぜモテない人もいるのかというと、その方法について知らなかったからです

サッカーをするにしてもルールを知らないと、ルールを知っているチームに勝てるわけがありませんよね

恋愛も同じでルールを知って、練習をすれば誰でもできるようになります

恋愛をする方法は学校で習わなかったわけですから、できないのは当たり前のことです

恋愛で厄介なのは、最初からルールを知っているチートな人が一定数いるということです

このチートな人達に惑わされて昔の僕みたいなモテない人たちは自分に才能がないと結論付けてしまうのですが、恋愛も練習で何とかなります


しかも、ダーウィンの進化論で考えると、僕らは何千年の歴史の中で「恋愛をし続けてきた遺伝子」を持っています

あなたの親もそのまた親もみんなが恋愛を経て、あなたが生まれているわけなので、いわば、恋愛のハイブリットなわけです

恋愛に洗練された遺伝子を持っているわけですから、これまた自分だけ恋愛ができないなんてことはありえません


ここまで書いてきた理論が信用ならないというのなら、あなた自身で「自分には彼女ができるという理由」を見つけてみてください

自分が恋愛できる理由を自分の中に持っているか持っていないかでかなり違います

はっきり言って、「彼女が欲しい」と思ってすぐに行動して、すぐ結果がでるわけではありません

そのときに行動し続けられるかは彼女ができないわけがない理由を持っているかどうかです

「彼女がいるあいつよりはかっこいい」とか「やさしさには自信がある」とか何でもいいので、できるだけ多く考えてみましょう

考えることができたら、忘れないよう紙に書いておいてください


彼女ができるかに才能は必要ありません

「自分がどれだけ効果的に行動したのか」

ただこれだけで結果は変わるということを意識してください

才能は言い訳に過ぎません

それは科学でもすでに証明されていることなんです

詳しく知りたい方は下記の本をご覧ください

マインドセット「やればできる! 」の研究 キャロル・S・ドゥエック


要約すると、成功は才能よりも考え方や継続して努力ができるのかで決まるということです

「才能ではなく努力だ」ということは、自己啓発本で言われる内容ですが

科学的に証明されているので、もう「才能」を言い訳として使うことはできませんね


②恋愛の成功確率の計算式を理解しよう


ここでは彼女ができるとはどういうことかを理解します

結論から言うと下の計算式です

彼女ができる = 好きになってもらう確率✖出会う人数

この各要素のなかで僕が一番重視するのは出会う人数です

なぜならば、非モテはここを一番やりたがらないからです

かつての僕もそうでした

「俺なんか好きなってくれる人はいないから、女子と会いたくない」
「なんか女子って怖い」
「どう思われるか心配」

こういう風に考えるので、「行動しない」か「男磨きしてから行動しよう」という考えになります

「男磨きをしよう」というのはいい考えと思うかもしれません

しかし、この考えになると、ほとんどの場合挫折します

なぜなら、男磨きというのは正解がない、かつ終わりがないし

行動した結果ダメになったら恥ずかしいと考えるからです

結局は「行動しない」という結論になってしまいます

確かに男磨きをするのは大切です

少しでも好きになってもらう確率を上げるのは必要でしょう

しかし、結局のところ出会いに行かなければ無駄になりますし

男磨きなんて出会うために行動しながらでもできます

ファッションと身だしなみを整えるのは一日で完了しますし

筋トレやスキンケアをするにしても、見られているということを意識するほうが確実に効果は高いですし、モチベーションが続きます

必ず「出会う数を増やす」ということを真っ先にやらなければならないということを肝に銘じてください

ここで少し違和感がある人も多いと思います

「出会う回数を増やすというのは誰でもいいみたいでなんか嫌だ」

「自分は一人の好きな人をどこまでも追いかけていきたいんだ」という感覚です

これは完全に非モテの感覚なのでやめてください

好きな女性は複数人いることが重要です

なんだか不道徳な気がするでしょうが

この意識を持たないと本当に女性に好きにはなってもらえないんです

ひとりに決めてしまうとその人ばかりにアタックすることになります

そうすると変に緊張しますし、心の余裕がなくなり、確率も低くなります

これは恋愛本として人気を博した『僕は愛を証明しようと思う』のなかで非モテコミットと名づけられて紹介されているものです

(僕はこういった恋愛本を読み漁りました。このnoteで実用的だったものを全部公開していきます)

「ぼくは愛を証明しようと思う。」藤沢数希

本当に好きになってもらいたいと思っているのであれば

他に好きな人を作って気持ちを分散させるのが義務だと思ってください

それが自分のためであり、相手のためでもあります

恋人ができるというのは双方にとって幸せなことです

それがあなたがおどおどしたり、変に緊張したりして実現しなかったら

恋が成就せず、相手のためになりません

自分が好きになった人を自分と一緒に幸せにしていこうという気持ちがあるなら複数の人にアプローチをしましょう

もちろん付き合った後は、他の人にアプローチをするのはダメです

それは相手を悲しませることになり、相手のためになっていませんから

付き合うまではアプローチする人は複数にして気持ちを分散させてください

普段は複数の人にアプローチをしたり、気持ちを分散させることは難しいですが、マッチングアプリではそれが可能です


2、非モテの人にマッチングアプリをおすすめする理由編

出会いの場というのはたくさんの選択肢があります

職場・学校、街コン、ナンパ、婚活サイトなどなどいろいろありますが、自分の性質によって適した出会い方は変わると思います

大人数での会話が得意なら街コンとかプロフィールに書けるすごい実績があるなら婚活サイトとか人それぞれです

しかし、非モテにはマッチングアプリが最適です

おすすめする理由は3つあります

1.会うときは1対1であること
2.コミュ力がなくても他でカバーできること
3.自分に興味が全くない人をフィルタリングできること

1、会うときは1対1であること

彼女ができるためにコミュニケーション能力が必要であることはまちがいないですが、場面ごとに必要なスキルが違いますよね

パーティーなど周りに知っている人がいるときに1対1で話す場面

初対面の人達ばかりのときに集団で話す場面など場面はさまざまです

しかし、彼女ができるために最低限必要なスキルというのは1対1で話すスキルです

これは付き合う前でも付き合った後でも必要なものです

他の出会い方だと1対1の会話をするまでに、複数人で会話しているところから、相手を誘う勇気が必要だったり

複数人の会話で自分をアピールする必要があったりします

大人数で会話するということは彼女ができるまでにあまり必要のないスキルです

マッチングアプリではメッセージをした後に、1対1で会うという段階を踏むので1対1のコミュニケーションスキルの習得に専念できます

また、マッチングアプリはメッセージ上で約束ができ、しかも会う場面ではメッセ―ジを複数回しているはずなので、相手のことをある程度知った状態です

この状況だと口下手な人であっても、相手のことがわかっているため幾分か話しやすいです

ほとんどの会話が止まる原因は「話題がない」ということですから、相手を知っている状態なら話題を用意することもできます


2、話術がなくてもカバーできる

マッチングアプリでは知り合う→メッセージ→会うというプロセスを踏みます

普段の出会いでは会話からスタートなので、会話で判断されてしまいます

しかし、マッチングアプリはメッセージ上が初対面なので会話が苦手な人にやさしいです

いざ会った時に失敗したとしても、そこだけで決めつけられることはありません

メッセージのときにやさしいとか気遣いができるという印象をつけていれば、大目に見てくれる余地があります

実際に僕は今の彼女に「メッセージのときから気が合うと思ってた」と言われました

はっきり言って今の彼女との初対面はそんなによかったものではなかったです

何回か会話を止めてしまったし、エスコートも慣れてなかったので、うまくはできませんでした

でも、現に付き合えていますし、マッチングアプリを使っている人の中にはメッセージのときから好きになってしまうという人もいます

メッセージは会話と違って考える時間がありますし、文字なので誰が発しても同じことができるので再現性が高いです

誰でも相手に好印象を持ってもらうことができます


3.自分に興味が全くない人をフィルタリングできること

マッチングアプリではどちらかが「いいね」をして、受け取ったほうが承認をすることで初めてメッセージが始まります

なので、自分に「少しは興味がある人」としかメッセージをしませんし

会う段階までいけたらすごく興味を持ってくれている証拠です

このように、マッチングアプリでは自分にまったく興味がない人に時間を割くことが防げます

街コンや普段の出会いでは自分に全く興味がない人であっても、自分が気になってしまえばその人に時間を使ってしまうことになります

これで失敗するとダメージもデカいですし、そのときどきで「相手は自分のことをどう思っているのだろうか」と不安になります

マッチングアプリでは気になっているということが可視化されるので、そのような不安はありません

相手が自分に興味を持ってくれていると分かれば、会話でも頑張ろうと思うのでモチベーションも段違いです


以上3つの理由からマッチングアプリはモテない人におすすめの出会い方です

非モテはまずマッチングアプリで出会う回数を増やしてください

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

最新情報をチェックしよう!
>『コンビニ通販 zeroone』

『コンビニ通販 zeroone』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!
価値ある商品を紹介するウエブサイト!
『コンビニ通販 zeroone』はこちら!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG