【Twitter運用】無名のサラリーマンがフォロワー1000人を達成した手法【誰でも出来る】

【Twitter運用】無名のサラリーマンがフォロワー1000人を達成した手法【誰でも出来る】

【Twitter運用】無名のサラリーマンがフォロワー1000人を達成した手法【誰でも出来る】

めがねん
2021-05-09
3 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

WEB制作者にとっても、『Twitter運用』は大切です。

ホームページを作ったら、今度はそこに「来てほしいお客様」を連れてくるためにSNSで発信~集客する必要がありますよね?

そのときに絶大な効果を発揮するのがTwitter。

この記事を読んで、3日間だけTwitter運用に時間を費やせば、そのあとは基本全自動です。

さぁ、さっそく具体的なお話しをしていきましょう。


この記事で学べること

▶Twitter運用の必要性

▶フォローされるまでの仕組み

▶Twitterマネタイズの構造

▶誰でも出来るフォロワー1,000人超えのロードマップ

▶ツイート自動化の具体的な方法

この記事の信頼性

https://twitter.com/iammeganen/status/1388409108978540547

この記事で解説している方法を実践し続けた結果が上のツイートです。

2021年の3月と4月の比較ですが、過去最少のツイート数で過去最高のフォロワー増を記録しています。

特筆すべきは、その最少のツイート数の中でも、フォロワー増につながる主力ツイートが自動ツイートであるということ。

事前に用意したツイートがランダムでツイートされる仕組みを構築したことで、たとえ体を壊して寝込んでいても、読んでほしいフォロワーに対して意味あるツイートが毎日必ず発信され、フォロワーが増えていくという仕組みです。

ということで、完全無名の高卒サラリーマンである僕でもフォロワー1,000人を達成できた「誰でもできる方法」をここで共有します。

この方法を取り入れることで、自分はリプとRTと分析だけに専念できるようになり、毎日のTwitterに使う時間は自動化前と比較して半分以下に。

ブログへの流入が増えて毎月5万円のアフィリエイト収入を得られるようになる、非常に意味ある強力なTwitterアカウントを完成させることができます。

どうかこれを読んでくれたあなたが、その方法に納得してくださり、継続して取り組んでくれた結果、濃いフォロワーを1,000人獲得し、確かな発信力を身に着けてくださることを願っています。

購入者特典について

『購入者特典』として、最終章に僕が実際に使用した戦略シートをつけており、そこに記載された項目を上から順番に考えることでターゲット選定やツイートのテーマ選びなどについても自分で的確に設定できるようになっています。

また、購入してくださった方にはZoomでの直接指導(1時間限定)を行いますので、実践してみた上で疑問が生まれた場合はいつでもご相談ください。

Zoomを依頼する際の合言葉は、この講座の最終章に記載しています。


なぜWEB制作にTwitter運用が必要なのか?

未経験から独学でWEB系フリーランスとなった僕たちですが、結果的に実績が乏しくてなかなか案件獲得が難しいのも事実。

しかし、そんな僕たちにも「これさえあればすぐに信頼を勝ち取れる!」という希望の光があります。

それが、Twitterのフォロワー数。

そもそもWEB制作の案件獲得において、強いとされる人は決まって「WEB制作×〇〇」という掛け算が出来る人。

WEBマーケティングやSEOなどに精通していながら、サイトも作れるとなれば、それは強いに決まってますが、これらは今から勉強しても時間がかかります。(もちろん勉強すべきですが)

しかし、Twitterのフォロワーなら、最短1ヶ月で1,000人を超えられます。

フォロワー1,000人超えなら、自信を持って「WEB制作×SNS運用」といえますし、そうすることで注目され、信頼され、案件獲得の確率が高まることは言わずもがな。

※参考講座:【WEB制作者必見】迫佑樹/ビジネスモデルマスター講座のすゝめ【収益に直結】


フォロワーが1,000人以上になるとできること

では、フォロワーが1,000人を超えるとどんなメリットがあるでしょうか?

ここでは僕自身が実際に体験したことを挙げていきます。

仕事の幅が広がる

僕の場合はWEB制作の独学方法をツイートし続けていたこともあり、1,000人を超えた時点で複数のメンタリングサービスからメンターとしての打診を受けました。

現在行っている独学応援メンターも、その際にいただいたお話の中から実現したものです。

また、ASPの営業さんからご連絡いただいたりもしました。

これだけでも、1,000人未満では考えられなかったスゴいことだと思いませんか?

Twitterをマネタイズできる

フォロワー1,000人を達成できたら、その方法論を説明することでSNSコンサルとして活動できます。

また、フォロワーが多いと、その分だけツイートしたときのエンゲージが増え、アフィリエイトリンクをクリックされる機会が一気に増えますので、そういう意味でもマネタイズが可能。

インフルエンサーがAmazonのおすすめ商品を定期的にツイートするのは、このためですね。

インフルエンサーからフォローされる

フォロワー1,000人超えまでの苦労を分かってくれる人って殆どいませんが、逆にインフルエンサーの方々は全員もれなく理解してくれます。

全員が「経験者」ですからね。

それ故に、フォロワー1,000人以上はインフルエンサーからも「本物」として認められ、フォローされ、コメントすると返信してもらいやすくなります。

さらには、インフルエンサー側のフォロワーさんからフォローされるという形で、さらに自分のフォロワーを増やせるという好循環が生まれるという飯旨状態に。

自分がインフルエンサーになれる

あなたが呟けば、1,000人の目に触れることとなり、さらにその1000人から拡散される可能性があるとなれば、それはもう立派な影響力であり、発信力です。

1,000人程度ではまだまだインフルエンサー初心者ですが、4500万人以上いる日本のTwitter人口の大半がフォロワー1000人以下であることを考えたら、十分にインフルエンサー街道に踏み入れたと考えて良いでしょう。

本番環境でSNSマーケティングの練習ができる

これが一番大きなメリットかもしれません。

1,000人からさらに増やすために分析を続け、発信を続けることで、SNSマーケティングの本質を学べ、さらにそれを仕事で活かせるようになるわけです。

どんな有料noteを読むよりも、遥かに有益なインプットとアウトプットになります。


ということで、ここからが本題。

フォロワーを1,000人にするために取り組むべきこと、知っておくべき知識、実際のロードマップ、そして僕の実際の戦略シートとツイートの自動化方法についてこれから解説していきましょう!

が、ここからが有料です。

価格は29,800円で、紹介料は50%としました。

この記事で学んだことをそのままやり続ければ簡単に元が取れますし、上手な方ならiPhoneを買い換えられるくらい稼げる価格設定としました。

特に戦略シートとツイートの自動化については、すぐにマネしてもらえる状態で公開するので、即行動してくださる方には本当に役立つものだと自負しています。

誰でも出来ることしか書いていませんが、結局は行動しないと無価値な情報なので、本当に真似してくださる方にのみ読んでもらえると幸いです。

何がなんでも必ずフォロワーを1,000人以上にして、発信力を身に着け、さらにその先にある大きなチャンスを掴みたいという方には、自信を持っておすすめします。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

3 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
ryunko

Twitter運用開始から1ヶ月、もうすぐで100人増です◎

1ヶ月前からこちら付録の「Twitter戦略シート」を真似して運用を開始しましたが、現状80人ほどフォロワーを増やせました。改善もいれながら8月までに1000人目指します!
もとろん

ここまで公開していいの?と思うレベルの「Twitter戦略シート」がすごい!!

Twitter運用の基本は最近よく見かけるようになりましたが、こちらのBrainには「Twitter戦略シート」というものがついています。これがめちゃくちゃ有益です。ここまで作り込まれているものを見たことがなかったので、衝撃でした。 そして、普通にしていたら、ここまでは考えられないだろうというレベルの内容でした。この戦略シートをちゃんと自分に落とし込んで運用し、「無名の主婦がフォロワー1000人を達成」できるか楽しみです。
けいぷろ

Twitterを頑張りたい人の助けになる事間違いなし!

Twitter運用の本質的な部分、分析のやり方まで丁寧に書かれていて、とても勉強になりました。書いてある内容を実践して1,000人超えを目指します!!

この記事を購入する

最新情報をチェックしよう!
>『コンビニ通販 zeroone』

『コンビニ通販 zeroone』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!
価値ある商品を紹介するウエブサイト!
『コンビニ通販 zeroone』はこちら!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG