【永久保存版】『Twitter×note:初心者の生存戦略』  -情報発信初心者が1ヶ月半でフォロワー1000人越えと鬼売れnoteを生み出した話-

【永久保存版】『Twitter×note:初心者の生存戦略』  -情報発信初心者が1ヶ月半でフォロワー1000人越えと鬼売れnoteを生み出した話-

【永久保存版】『Twitter×note:初心者の生存戦略』  -情報発信初心者が1ヶ月半でフォロワー1000人越えと鬼売れnoteを生み出した話-

らっきょ
2021-01-09
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0


「またマネタイズnoteか。」
「どうせ他のnoteと同じような内容だろ。」
そう思っている方が多いと思いますし
私があなたと同じ立場でも同様の考えを抱くでしょう。
制作期間は2ヶ月、総文字数は48000字。
徹底して、独自の切り口で差別化を図っています。
加えて、事前に信頼できる数名のモニターの方に、上質なフィードバックを頂き、改善に改善を重ねています。
その為、自信を持って皆さんに提供できるnoteだと自負しております。
以上を踏まえた上でご検討くださいませ。

 

こんにちわ。らっきょです。

(@dangomushisan2)


【本noteはTwitter×noteのマネタイズでお金を稼ぎたい情報発信初心者の方に向けて執筆致しました】


(1/1)コンテンツ下部に詳細を記載した特典もお見逃しなく。

(一部特典は1/3 23時59分まで)


▫︎初めに

1月1日、イタリアから帰国した私は、ある確信の元、イタリア転売の情報発信とnoteの作成に取り組むことを決意。その為、元々の情報源であるりもわさんという方にに改めて感謝の気持ちを伝えると共に、作成の許可を求めました。

そして、それから1ヶ月半後。

【フォロワー120人→1000人越え】

【初めてのnote→鬼売れ】

1年半ほど、120人前後を行ったり来たりしていた私のフォロワー数は一気に1000人越え。

そして、初のnote執筆にも関わらず鬼売れ。

(noteのフォロワーやスキの多さからも鬼売れ振りはご理解頂けるかと思います)

正直、自分でも驚いています。

元々「SNSのフォロワーを増やしたい」「noteを売りたい」そんな考えは一切なく、1ヶ月半前までは、「すき家なう」「いいね0、RT 0」のような状態でした。

SNSはあくまで趣味として使っていましたし、有益な情報を発信して収益を得ているインフルエンサーは雲の上の存在。

「自分が発信者側になって皆さんに有益な情報を提供して収益を得る」

そんな事は考えた事もありませんでした。

しかし、活動を開始した1月1日を境に私の意識は一変します。

そして、寝る間も惜しんで燃え尽きるように突き進んだ

1ヶ月半の経験と実績を得て私は確信しました。

【Twitter×noteの圧倒的な可能性を、、、】

今回のnoteでは、文章をまともに書いた事がない、加えてフォロワー120人。そんな私が、「いかにして1ヶ月半でフォロワー1000人越えを達成し、鬼売れnoteを生み出したのか?」執筆に至る経緯から順を追って、その全てを書いていきます。

SNSの普及により、一般の一個人でも大きな影響力を持てるようになりました。

分野に関わらず、現代に置いてSNSで影響力を持ち、活動する事のメリットは計り知れません。そのメリットは、これから皆さんにお伝えする情報発信初心者だった私の1ヶ月半の軌跡から感じて頂けるでしょう。

本noteを活用して、一緒に個人の時代を生き抜いていきましょう。

--------------------------------------------------------------------------


《実績》

まずは、私の実績を画像付きで改めて紹介します。

▫︎フォロワーの進捗

1月6日、本格的にツイッター運用開始。

1ヶ月の運用の結果。

試行錯誤の末に右肩上がりで800人近くのフォロワーを増やすことに成功。

1年半近くフォロワー120人前後を彷徨っていた私としては、この時点で感動ものです。

そして、2月20日。運用を始めてから1ヶ月半後。

遂にフォロワー1000人達成。

途中、海外に行ったこともあって伸びが落ちた時期もありましたが、帰国後は盛り返し、900人付近からは鬼速で伸び始め一気に1000人まで到達します。


結果

1/1 120人 →2/20 1000人

相互フォロー企画やフォロワーを買って増やしたりはしていません。

私の目的は少しでも多くの方にnoteを認知して頂き購入して頂くこと。

数目的のフォロワーを増やしたところで承認欲求は満たされても、収益には繋がりません。

その為、自身の活動に興味を持った上でフォローしてくれる方だけを増やしました。

▫︎noteの販売進捗

続いてnoteの販売進捗をご紹介致します。

・初回 30部 1分で完売

初のnote発売。

この時フォロワー数は、500人前後でしたが、ありがたい事に一瞬で完売。

需要があることは確信していましたが、この発売を機により強い確信に変わります。

ちなみに本当は10部の予定でした。(アクシデント)

・同日 再販 20部 10分で完売

価格を大幅に上げましたが、10分で完売。総販売部数30部突破。

・1月25日 再販 10部 1分で完売

10部が1分で完売。総販売部数40部突破。

これが一番驚きました。何もかも初心者だった私のnoteが更に大幅に価格を上げたにも関わらず。1分で10部を売り上げる異常事態。この時に体感として強く実感したのは【情報発信の初心者がnoteで大きな収益を上げる為には、Twitterで質の良いフォロワー増やし、発売日に向けてしっかりと導線を設計し、ニッチで需要のある、希少価値の高い、高クオリティのnoteを高単価で発売する事が大事】だという事です。

ちなみ総販売部数40部を突破した、この時点でのフォロワーは上記の通り。

大体650人〜700人の間です。

*上記は1月22日の画像。

初のツイッター運用、そして文章をまともに書いたことがない者による初のnote販売、極め付けは1週間と言う短期間での大きな実績。私が確認した限り、同様の方は他に居ません。居たとしてもこの条件でこの結果を叩き出した方は極めてごく僅かだと思います。

そして、最終20部(現在は部数制限解除)を発行、こちらが発売直後に2冊売れて1月の最終的な総販売部数は62部。

2月は6部売れました。

結果

総販売部数 68部


1ヶ月半で上記の結果を出すことが出来ました。

--------------------------------------------------------------------------

いかがでしょうか?

アカウント作成から1年半。

120人前後を行ったり来たりしていた、私のフォロワーがたった1ヶ月半でフォロワー1000人越え、note総販売部数は68部を突破。

控えめに言っても、成功の部類に入るのではないでしょうか?

もちろん、上を見れば私よりすごい方はいらっしゃいます。

しかし、初心者の成功例の一つの貴重なサンプルとして、皆さんにとって、有益な情報を提供出来る事は間違いないでしょう。

--------------------------------------------------------------------------

▫︎大きな波

皆様お気付きでしょうか?

いま大きな波が起こっています。

個人が個人に課金するハードルが日に日に下がっているのです。

個人として、稼ぎたいと思っている、私を含めた皆さんにとっては圧倒的な

大チャンス。

この流れは今後も加速していくでしょう。

そして、この流れの中、今一番熱いプラットフォーム

それが【note】です。

正確には【Twitter×note】

noteサイト単体で大きな収益を得る事は難しいですが、

Twitterを組み合わせることによりその威力は何倍にも膨れ上がります。

ナンパnoteの中星さん。

副業noteのりもわさん。

SNSマーケnoteの晋様

Twitter×noteのマネタイズで成果を上げられている方の一例です。

彼らを見れば、今明らかに

大きな波が来ていることがお分かりいただけるでしょう。

この現実を見ていかが思いますか?

「いやいや、彼らは特別な人だから」

そう思いますか?

1ヶ月半前から活動を始めた情報発信初心者の私でも

鬼売れnoteを生み出せたのですよ?

もちろん、何のnoteを販売するかによっても結果は大きく変わりますし

全ての人が確実に稼げる。

そんな事を言うつもりはありません。

しかしながら、このチャンス。

控えめに言っても挑戦しない手はないと思いませんか?

「気が向いたら」

「検討します」

「考えてみます」

そして、後日

実際に挑戦したかどうかを聞いてみると

でも熱いのは今だけでしょ?すぐにオワコンだろ」

だって、めんどくさいもん」

どうせ儲からないからやるだけ無駄」

「でも、だって、どうせ」


だったらあなたはいつ挑戦するのですか。

いつも何かにつけて挑戦しない言い訳をして、自分を正当化しているようでは

人生、好転も退転もありません。

いや、現状維持はよく考えたら退転かも知れませんね。

今の生活に満足しているならそれで良いでしょう。

しかし、不満があるのならさっさと行動に移すべきです。

人生は思いの外短い。

思考停止してダラダラとスマホを眺めていたら、あっという間にあの世行き。

そして、来世は人間じゃないかも知れませんし

そもそも来世などなく、無かも知れません。

--------------------------------------------------------------------------

ウイルスの影響により、大不況に突入しそうな昨今。

もし、大不況に突入したらどうなるか?

新卒採用は絞られ、内定は取り消し

正社員の給料は削減

非正規や派遣は失業

卒業→就職→結婚→子供→マイホーム→定年→年金で悠々自適な老後生活

上記のような人生のロードマップは既に崩壊、終身雇用も崩壊。

加えての大不況。

社会はどんどん不安定化。

そんな状況で求められるのは人生をより良い方向に導いてくれる先導者。

そして、人々は不安定な時代を乗り切るサバイバル能力、つまり、個人で稼ぐ力を求める。

その為、今の内に個人でお金を稼ぐ力を身につけ、SNSで影響力を持っておけば、彼らの受け皿になり、より大きな収益を得られる可能性もあります。

--------------------------------------------------------------------------

経験をそのままnoteにして販売すれば収益が生まれる。

いわば現代における錬金術。

ブログやアフィリエイトよりも即金性が高い。

コンテンツの販売方法として、note以外の媒体もありますが、note以上に自身のコンテンツを販売しやすい初心者向けのプラットフォームは他にないでしょう。

なぜnoteがこんなにも売りやすいのか?

ざっくり言うとこの2点でしょう。

①手軽に売買出来て、一個人でも参入しやすく稼ぎやすい。

②圧倒的利用者数。


ちなみに去年の9月だけで約2000万人の人がnoteにアクセスしています。

詳細はこちら→https://www.pieceofcake.co.jp/n/n5d13178ee40a

上記のように、初心者でもかなり稼ぎやすい環境が揃っています。

何しろ、【Twitter運用】【noteの執筆】そして【Twitter×noteマネタイズ】

それら完全に初心者だった私が1ヶ月半で鬼売れnoteを生み出せるほどです。

これをチャンスと言わずになんと言えば良いのでしょうか?

加えて、在庫を抱える心配もなければ、売り上げはほぼ丸々収益。

リスクとメリットを天秤にかけて見てください。

いや、かけるまでもないでしょう。

しかし、多くの方は一歩踏み出せない。

つまり、一歩踏み出すだけで多くの方を出し抜けます。

(4/7 追記)

2020年3月。

【note月間アクティブユーザー4400万人突破】

わずか半年で【2000万人→4400万人】

完全に波が来ています。

不謹慎ですが、コロナが追い風になりそうですね。

加えて、noteは直接課金なので、アフィリエイトと違って

広告主に依存していない為、不況にも左右されません。

これからがますます楽しみですね。

--------------------------------------------------------------------------

今回のnoteでは、私がこの1ヶ月半でフォロワー1000人越えを達成し、鬼売れnoteを生み出す為に試行錯誤した経験と知識、つまり私の頭の中を、余すことなく全て皆さんにお教えします。

前作のイタリア転売note同様、つい最近まで皆様と同様の立場だった私だからこそ、より同じ目線に寄り添った、言わば

「皆様の0→1をサポート出来る、有益なnoteが作成出来るのではないか?」

という考えの元、作成致しました。

本noteを読み終わったらすぐに行動に移しましょう。

行動しながら考える。

それが成功への一番の近道です。

-------------------------------------------------------------------------

▫︎最後に

本noteは前編・後編で構成されています。

前編は、私の実体験の話をお伝えします。

活動の経緯からフォロワー1000人、そしてnoteが鬼売れするまでの話を出来るだけ詳細に画像付きで、生々しいところも含めて全て書き切ります。

後半は、実用編です。

Twitter運用のやり方、質の良いフォロワーの増やし方、noteの書き方、Twitter×noteマネタイズの仕方など、情報発信初心者がTwitter×noteで収益を得るまでの0→1をサポートする内容となっております。私の1ヶ月半の経験から有益な情報を抽出して、皆さんが実践しやすい様に再構成して、分かりやすい形でお伝え致します。

--------------------------------------------------------------------------

《感想紹介》

https://twitter.com/yamachan_1717/status/1243889701162909703?s=20

https://twitter.com/BadassTomo/status/1242441727085932544?s=20

https://twitter.com/jikunii_koumu/status/1242393824011243520?s=20

https://twitter.com/iena_gaishi/status/1242425871559872512?s=20

らっきょさん(@dangomushisan2)のノート、今まで購入したTwitterやnote関連の教材の中でダントツ良かった。
前半の成果を出すまでの過程も詳細に書かれておりかなり参考になるし、後半のノウハウ解説も無駄がなく分かりやすい。
これだけあれば十分。
おすすめです。https://t.co/Uj9LWHVIYY
— faro (@369n1ty8) April 21, 2020

《実績報告》

私のnoteを参考にマネタイズに挑戦されたじくにーさんから

なんと、3日で新卒月給4ヶ月以上稼いだとの報告を受けました。

https://twitter.com/jikunii_koumu/status/1264878833003491328?s=20

もちろん、じくにーさんの実力、そして努力あっての結果ですが

私のnoteが少しでもお力になれたようで嬉しい限りです。

引き続き皆様の感想や実績報告をお待ちしております。

感想ツイートは随時RTさせて頂きます。

(ちなみに、RT狙いで感想をツイートする際は、経験や実績など、皆様の実体験を交えてツイートした方が自身に関心を持ってもらえやすく、フォロワー増加に繋がりやすいです。)

--------------------------------------------------------------------------

《前編-らっきょの話-》

【第1章】執筆の経緯

【第2章】執筆

【第3章】情報発信開始

【第4章】note発売。そして収益確定。

《後編-初心者の生存戦略-》

【第5章】初心者の生存戦略

【第6章】Twitter 運用【1】

-質の良いフォロワーを増やす情報発信-

【第7章】Twitter 運用【2】

-質の良いフォロワーを増やす小手先テクニック-

【第8章】noteの書き方

【第9章】Twitter×note

-再現性二重丸戦略10選-

【第10章】(note購入者特典)

Twitter×note -悪用厳禁二重丸戦略10選- 【裏】

→配布条件あり

 

 

--------------------------------------------------------------------------

それでは、お待たせ致しました。

ここからが本編です。

--------------------------------------------------------------------------

 

《前編-らっきょの話-》

--------------------------------------------------------------------------

まず初めに私の執筆の経緯からお伝えします。

--------------------------------------------------------------------------

【第1章】執筆の経緯

このラインより上のエリアが無料で表示されます。

▫︎1月1日

イタリアから帰国した私は、情報元であるりもわさんに改めてお礼のDMを送ると共にnoteの作成許可を求めます。

イタリア転売noteにも書きましたが、私が執筆を決意した理由は以下3つ。

①自分用のバイブル的noteを作りたい

②初心者目線に寄り添った、需要のあるnoteが作れる自信

③借金があるので返済の足しにしたい

そして、今回のnoteでは上記理由の中でも特に執筆の動機につながり、本note内容にも関連する②について更に詳しく踏み込んでお伝えしていきます。

▫︎参入障壁

りもわさんのイタリア転売noteを購入された方は、数多くいらっしゃると思います。しかし、「実際に挑戦しました!」という報告は当時それほど聞きませんでした。また、私みたいに「100万円分購入しました!」みたいな方は確認した限り1人もいません。

なぜか?

参入障壁が圧倒的に高いからです。

「日程」「資金」「語学」「海外への不安」

加えて上記条件を満たした場合でも、更に多くの不確定要素とリスクがありました。

「免税手続き」「関税」「VPN」「現地の在庫状況」「そもそも売れるのか?」「ロストバゲージ」「盗難紛失」「実践者の詳細な情報がない」

ざっと挙げてもこれだけありました。

そして、情報収集するにしても、ネットの情報は誤った情報や分かりにくい情報が多く、中には実行しないと分からない情報もあります。

よって、最初の条件をクリアした方でも次のステップでほぼ脱落します。

▫︎情報発信がブルーオーシャン

活動にあたり、イタリア転売のポジションを取って情報発信をされている、競合となりうる方を探しましたが、私が確認した限りいません。

多少発信されている方はいらっしゃいましたが、影響力のある方はりもわさんのみ。

しかし、りもわさんはイタリア転売専門というわけではありません。

つまり【イタリア転売の情報発信は完全にブルーオーシャン】でした。

なぜか?

要因はいくつか考えられます。

①イタリア転売をやっている方がそもそも少ない

②現役でやっている場合は参入者が増えて薄利多売になる危険

③情報発信によって得られるメリットを感じなかった

参入障壁の高さから実践されている方が少ない。また、自身の手の内を明かしてまで得られるメリットを感じていない。その為、発信に力を入れていないので影響力がなく、マネタイズによる収益化というイメージにも繋がらなかったのでしょう。

りもわさんが情報発信を始めた時、海外転売の情報発信やnote販売はかなりのブルーオーシャンだったと思います。

ただ、ブルーオーシャン過ぎると自身で多大な労力を割き、需要を生み出していく必要があるので大変です。その大変なところは、りもわさんがやってくださいました。イタリア転売noteを安価で大量に販売してくれたおかげで、イタリア転売の存在が徐々に認知され始め、需要も生まれ始めます。そして、そこで更に生まれた情報の需要、それが「実践レポと更に徹底した初心者向けの情報」です。2回目の渡航から帰国して、Twitterを眺めていたら、noteを購入したにもかかわらず、行動していない人の多さから、その需要の存在に気付きました。私は転売初心者でしたが、だからこそ、初めての方が疑問や不安に思う点が詳細に分かります。「これは、チャンスだ」「初心者だからこそ初心者の目線に立った需要のあるnoteが作れる」そう思いました。

▫︎収益が見込めそう

本来私の当時のフォロワー数で、あれだけのnoteを売り上げることは中々に難易度が高いと思います。

しかし、今回のnoteは需要があって競合が不在、加えて「実体験の詳細な実践レポ&初心者の0→1を徹底サポート」と唯一無二の希少性があった為、多くの収益を見込める確信がありました。

上記の理由により、高単価で販売できます。いや、高単価じゃないと販売してはいけません。多くの需要がある内容ならまだしも、イタリア転売の現地仕入れでは需要はありますが、限られます。また今回「りもわさんのイタリア転売noteを購入したけど、挑戦に尻込みしている方」という超ニッチな層をターゲットに定め、トータル100部ぐらいで販売しようと思っていました。安価で大量に発行すると、少しの利益にしかならず、労力に全く見合いません。また、内容自体もかなり詳細に記載し、参入障壁を大きく下げる内容になっています。よって、競合が増える危険もありました。今後もしばらくは、継続しようと思っていた私としては、多くの部数を安価で発行することはデメリットしかありません。だからこそ、少部数、高単価で販売することをあらかじめ決めていましたし「高単価でも需要はある」と確信していました。

私は、情報発信初心者の上にnoteの執筆自体、やった事がありませんでした。しかし、上記のように考えた結果、賭けてみるだけの価値を感じ、りもわさんにnote作成の許可を求めます。そして、快諾していただいた直後に執筆を始めました。

 

--------------------------------------------------------------------------

【第2章】執筆

▫︎1月1日 執筆開始


正直、かなり苦戦しました。

と言うのも、私は文章をまともに書いたことがありません。

「こんにちわ。らっきょです。」

そこから全く執筆が進みませんでした。

そこで、他の方のnoteを参考にします。

次第にある程度、テンプレの流れみたいなものがある事に気付きます。

加えて、自分なりにどうすれば素人でも読みやすく伝わりやすい文章が書けるのかを考え、やり方を見つけます。そこからはスムーズです。

大体、1週間で一通り完成しました。

そして、更に1週間かけて、自身で気になる箇所を修正したり、人に見てもらって感想を聞いたりして、修正に修正を重ねます。

お金をもらう以上、中途半端なクオリティでは出せません。

手を抜いたり、詐欺まがいの内容を販売すれば、悪評が広まり、noteは売れても一瞬しか売れません。また、note執筆は、他の仕事を中止して、背水の陣で挑戦していた為、ある程度大きな収益を得られないと割に合いません。加えて、私はフォロワーが少なく活動も始めたばかりでした。その為、最終的には49800円で販売する予定だったのですが、そこにたどり着くには為には、多くの信用、つまり、フォロワーが少ない分、信用をより分かりやすい形で可視化させる為、多くの良い口コミが必要不可欠です。

よって、有益であることはもちろん前提、それに加えて、出来るだけ読みやすく、伝わりやすい文章も心がけ、自分が出せる限界までクオリティを上げて発売しました。

その結果

嬉しい感想を続々頂き、その口コミが功をなして、最終的に目標だった49800円まで辿り着き、売り上げる事に成功します。

note執筆は大変です。

文章を書くのに慣れていないと尚更。

しかしながら、頑張れば誰でも書けます。

文章が上手い人以外は、書いても売れないというわけではありません。

【有益な情報+読みやすさ+伝わりやすさ】を意識して執筆すれば良いのです。

本noteの後編では、私の実体験を元に、初めて執筆する方を想定したnoteの作成方法も紹介しています。

ぜひ、参考にしてください。

--------------------------------------------------------------------------

【第3章】情報発信開始

 

▫︎1月4日

ツイッター運用開始。

既にフォロワーは120人ほど居ましたが、趣味垢だったので、noteを購入してくれそうなフォロワーは0人。その為、まずは、noteを購入してくれそうなフォロワー(以後、質の良いフォロワー)を増やすことを第一に置きます。そして、SNSにおいてフォロワー数はその人の実力と同義。現実でいかに実力があろうとも、フォロワー数が少ないと、SNSでは下に見られ、結果的にフォローやnoteの購入に繋がりにくくなる場合があります。よって、数も出来るだけ増やしたい、しかし、フォロワー数の少ない最初の頃は、こちらからフォローしないとフォローされる可能性は低いです。ですから、最初は「質の良いフォロワー+フォロバしてくれそう」な方を狙った「相互フォロー作戦」でいこうと思いました。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

最新情報をチェックしよう!
>『コンビニ通販 zeroone』

『コンビニ通販 zeroone』

毎日を楽しくエキサイティングに過ごせるエンターテイメント!
価値ある商品を紹介するウエブサイト!
『コンビニ通販 zeroone』はこちら!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

CTR IMG